侵入犯罪の手口

泥棒が家宅に進入する際の手口としては一体どのようなものが多いのでしょうか。

例えば4階建て以上のマンションなど共同住宅の場合に多いのがガラス破りです。階数が高い建物でも屋上から侵入してベランダで窓のガラスを破って侵入することができます。二階以上に住んでいる人はここまで入ってくる人はいないだろうと油断してあまり対策をしていないことが多いです。出かけるときもつい窓に施錠をせずに出かけてしまいます。

 

ガラス破りのつぎに多いのが無施錠です。これも油断している二階以上に住んでいる人が遭いやすい被害です。マンションは2階以上なら安心という考え方が広まっているためについ油断してしまうのです。

また、オートロック付きのマンションに住んでいる人が特に防犯意識が低くなり、無施錠で出かけてしまうようです。

そのため、泥棒もオートロックの物件をよく狙うと言われています。

オートロックであろうと侵入しようと思えばすることができます。

自分の住んでいるオートロックの物件を想像してみてください。メインエントランスの他に裏口から入ることができるのではないでしょうか。住人しかしらない出入り口と思うかもしれませんが大抵の物件にはそのような出入口がありますし、出入りしている人をみかけたら住人以外の人にもバレてしまいます。

マンションやアパートの鍵交換もお任せ下さい